ご利用前に必ずお読みください

このアプリケーションは、3/22(金)・3/23(土)に開催される Rails Developers Meetup 2019 の以下の用途で利用します。

  1. 各セッションの質疑応答で扱う質問の投稿(事前投稿可)
  2. 各セッションの終了後の、登壇者へのフィードバックの投稿

投稿は、本イベントの参加を問わず、各自の裁量でご投稿ください。 なお、不適切な内容が確認された場合、運営者によって削除されることがあります。

認証時にメールアドレスやアクセストークンは保存しませんのでご安心ください。

Subject
[Day 1: 基調講演] "Ask Me Anything" by DHH
[Day 1: A-1] アプリケーションを作るときに考える25のこと
[Day 1: B-1] OpalでつくるBrowserアプリケーション
[Day 1: C-1] jQuery + Sass な SPA Rails アプリを React + CSS in JS にリプレースした話
[Day 1: A-2] DevOps, Immutable Infrastructure, microservices そして Chaos Engineering
[Day 1: B-2] Active Record Oracle enhanced adapterのこれまでとこれから
[Day 1: C-2] 少人数でサービスをすばやく開発するためのRails活用事例
[Day 1: A-3] What's new in RubyGems 3.0
[Day 1: B-3] CSSの技術的負債との向き合い方
[Day 1: C-3] サーバーサイドエンジニアも知っておくべきフロントエンドの今
[Day 1: A-4] Talentio をなんとかしようと頑張ってきた18ヶ月の旅路
[Day 1: B-4] SQLQL は GraphQL にとって、何なのか
[Day 1: C-4] オンライン予約徹底解説
[Day 1: A-5] To make Ruby ready-to-use in the data science field. And the impact that it has on Rails applications.
[Day 1: B-5] サービスを成長させる「仮説検証文化」のつくり方
[Day 1: C-5] 女性エンジニアとして働くということ
[Day 1: A-6] 万葉のRails新人研修のコードレビューコメントを分析してみました
[Day 1: B-6] Rails な受託の会社でぼくがやっていること
[Day 1: C-6] 我々はマイクロサービスとどう向き合うべきか
[Day 1: A-7] 雑
[Day 1: B-7] AskDoctorsの13年目を支える技術
[Day 1: C-7] ユビレジのチーム開発
[Day 1: A-8] 作って学ぶ RDBMS
[Day 1: B-8] Rails meets Protocol Buffers - For Schema First Development
[Day 1: C-8] 7年目を迎えたRailsアプリケーションの傾向と対策
[Day 1: A-9] Red-Black Tree for Ruby
[Day 1: B-9] Railsアップグレード百景
[Day 1: C-9] Thrifty Rails - How to run a production app on a budget
[Day 1: A-10] 毎日の開発に役立つRailsプラグインづくりの秘訣
[Day 1: B-10] Rails Girls のこれまでとこれから
[Day 1: C-10] Ruby のコード解析の「静」と「動」
[Day 2: A-11] 全体がいい感じになるために、私たちRailsをホームにするWeb技術者ができること
[Day 2: B-11] 100回死んだエンジニア
[Day 2: C-11] サービス開発初期の「時間を金で買う」技術
[Day 2: A-12] Clean Test Code, Revised
[Day 2: B-12] 入門 名前
[Day 2: C-12] Misocaにおけるビジュアルテストへの取り組み
[Day 2: A-13] エンジニアリングマネジメントの孤独と向き合う
[Day 2: B-13] Roda and Rails
[Day 2: C-13] みんながやりたがらない仕事をやって食っていく
[Day 2: A-14] Ruby コミュニティの歩き方
[Day 2: B-14] Introduction of scalable microservice for video editing/transcoding
[Day 2: C-14] SmartHRでの最初の1年
[Day 2: A-15] Architecture Evolution in Repro
[Day 2: B-15] 操作履歴/時点指定アクセスの実現 - BiTemporal Data Model の実践
[Day 2: C-15] 問わず語りの個人事業主
[Day 2: A-16] Webアプリケーションの開発運用で当たり前に必要とされる画像変換の中身
[Day 2: B-16] ログを解析し続けてわかった、会社で眠っているアクセスログを活用する5つのプラクティス
[Day 2: C-16] プログラミングスクールを作ってみた
[Day 2: A-17] How framework and buildtool handle webpack?
[Day 2: B-17] ガチスタートアップ1人目のバックエンドエンジニアのリアルな戦略と奮闘
[Day 2: C-17] Ruby on Railsの正体と向き合い方
[Day 2: A-18] Evolution of Enumerator
[Day 2: B-18] Analyze Rails CI
[Day 2: C-18] Railsフロントエンドボイラープレート「medpacker」の紹介
[Day 2: A-19] 巨大なモノリシック Rails アプリケーションのマイクロサービス化戦略
[Day 2: B-19] コードレビューしない
[Day 2: C-19] 自分たちを信じられるチームが作りたくて私はこうした
[Day 2: A-20] JIT on Rails
[Day 2: B-20] Charty on Rails
[Day 2: C-20] 自己修復的なインフラ
[Day 1: 基調講演] まだ40代後半のプログラマの話、あるいは50代プログラマについて考える
[Day 2: 基調講演] Rails 6, Progress and Maturity
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano