ご利用前に必ずお読みください

このアプリケーションは、12/8(土)に開催される Rails Developers Meetup 2018 Day 4 Nouvelle Vague の以下の用途で利用します。

  1. 各セッションの質疑応答で扱う質問の投稿(事前投稿可)
  2. 各セッションの終了後の、登壇者へのフィードバックの投稿

投稿は、本イベントの参加を問わず、各自の裁量でご投稿ください。 なお、不適切な内容が確認された場合、運営者によって削除されることがあります。

認証時にメールアドレスやアクセストークンは保存しませんのでご安心ください。

Subject
[Day 4: A-1] 食べログ流 - Rails Upgrade Practices
[Day 4: B-1] RailsとGCPでできる! データ分析基盤
[Day 4: A-2] ZOZOTOWNのバッチデータ転送基盤の紹介
[Day 4: B-2] Railsとフロントエンドリソースの健全な共存のために
[Day 4: A-3] 「あの人」に学ぶ!駆け出しRailsエンジニアの日常の過ごし方
[Day 4: B-3] Rails × パターン
[Day 4: A-4] 狂ったような会社で狂ってないことをしよう
[Day 4: B-4] SmartHRにおけるマルチテナントウェブアプリケーションのアカウントモデルの移行のはなし
[Day 4: A-5] ほとんどすべてRailの上に乗せて開発してクローズまでした件
[Day 4: B-5] FiNCでの5年間に渡るマイクロサービスの育て方
[Day 4: A-6] ニャーQL勉強会
[Day 4: B-6] 二人チームにおけるバックエンド開発の効率化を求めて
[Day 4: A-7] Word形式のドキュメントを生成するRailsアプリの作り方
[Day 4: B-7] パフォーマンス改善のためにやったこと・やらなかったこと
[Day 4: A-8] Kataの作り方
[Day 4: B-8] プログラミング初心者に教えるときは「身近な比喩」が重要なのだ!
[Day 4: A-9] エンジニア視点で語る、人生のX軸の広げ方
[Day 4: B-9] The Cacher in the Rye
[Day 4: A-10] ゆっくり動くと速く動ける Ruby on Railsが提供する機能の抽象化とアーキテクチャ決定の遅延
[Day 4: B-10] ApplicationModel のある風景
[Day 4: A-11] カイカクジャーニー 〜スタートアップが必ずぶつかる課題と開発チームのメジャーバージョンアップ〜
[Day 4: B-11] スタートアップは Rails を使うべきか
[Day 4: A-12] 7年間開発を続けるサービスを支える負債返済の取り組み
[Day 4: B-12] ServiceWorker, Fastly, React, Rails を用いた SPA の開発について
[Day 4: A-13] RailsアプリのUIの見た目の完成度をちょっと盛る、ちょい足しCSSアニメーションレシピ
[Day 4: B-13] スタートアップを通して学んだ最初からやっておけばよかったこと
[Day 4: A-14] おまかせ vs アラカルト
[Day 4: B-14] STORES.jp 開発組織の軌跡
[Day 4: 基調講演] RubyKaigiとかの話
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano