Questions and feedbacks

unasuke
unasuke commented about 1 year

日々 rails/rails の開発に関わる上で使用しているツールなどはありますか? (eg https://jasperapp.io/ )

Like(2)

taea
taea commented over 1 year

みなさんコメントありがとうございます!! 回答させていただきます(大変お待たせしましたmm

@SyoheiYamaki

発表して頂いた内容とは少しずれてしまうのですが、スライド中に挿入されていた手書きの画像?は何を用いて作成されているのでしょうか?

とてもアナログな方法でアレなのですが…、紙に筆ペンで描いてiPhoneで撮影して、Photoshopで加工(グレースケール化 → トーンカーブで背景を白に飛ばす → 乗算にして背景色と合成)みたいな感じにして作ってます。

@morimorihoge

ロゴ作りの時に「こういう要素・条件は最初に出しておいた方が良い」というものがあれば知りたいです。 # 例えば、スライドにもあったTシャツなどにも使うなら前からこういう条件を付けておいた方が良い、など

ああ、そうですね、必要ですね。 もう少しまとめて、改めて別エントリに補足を書こうと思いますが、 デザイナーさんに読まれるかどうかは別として、基本的に現時点で考えていること、見えていることは全部書いておいた方がいいと思います

  • ロゴに必要な要素(文字等)
  • サービスコンセプト
  • サービスの概要
  • 使いたい用途
  • 雰囲気を表すキーワード
  • ラフスケッチの画像
  • 参考事例の画像

ただ、savanna の例ですと、"business", とか "project" とか書いてあるせいで、ネクタイをしたトラのデザイン案なども結構来たので、そのへんの細かいニュアンスの誤解の調整を、個別のフィードバックで「ネクタイ取ったほうがいいです」みたいにして調整する感じになります。

@ttwo32

コンセプトを決める上で、これって価値観へのカウンターになるんだろうか?とか迷ったりすることはありますか? もしあればそんな時はどうしているか、または工夫していることなんかあれば、参考までに教えていただきたいです。

おお、なるほど!自分はあまりその迷いは経験がないなあと思いました。 なぜかというと、自分の作りたいものは何のカウンターになるのか?みたいなのを結構最初の方に考えているからだと思いました。 そうやって説明すればよかったんだなとこれ読んで思いましたmm ちょっと時間を下さい。スライドの説明を、もうちょっとうまく書き直してみたいと思います!

@takahashim

まつもとさんによる「楽しいプログラミング」について言及しているものとしては、1999年のJUSのworkshopの資料とかにもあるので、かなり初期からのRubyのコンセプト(この資料では「Rubyの信条」と言ってます)だったのでした。 https://www.jus.or.jp/workshop/ruby/ruby-report/ws1.pdf

ありがとうございます!!こんなに明快に説明されている資料があったのですね…勉強不足で申し訳ありません! これを参考に少しブラッシュアップしたいと思います。 「楽しいプログラミング」自体は間違ってなくてよかったです!

Like(2)

taea
taea commented over 1 year

みなさん、ありがとうございました! 個人的にはちょっと最後まで着地点を迷ってしまい消化不良の発表になってしまったなあとクヨクヨしてたのですが、参考になったとのお言葉をいただけて救いになりました。 もう少しわかりやすくブラッシュアップしたものを、今週中くらいを目処に、多分、きっと、補足として書きたいと思っております。 よろしくおねがいします!

最後に、Railsdm楽しすぎて、本当に最高のイベントでした。登壇させていただいてとても光栄に思っております。 ありがとうございました!

Like(2)

anonymous
anonymous commented over 1 year

何かgemを使われていますか?使われているなら、どんな選定理由ですか?

Like(2)

kyanny
kyanny commented over 1 year

採用チャンネル・媒体について質問です。

自社サイトと紹介会社の二つあるとのことですが、他の採用媒体は利用していないのですか?(例: LinkedIn Wantedly careertreck)

何か理由があれば教えてください。

Like(2)

ryopeko
ryopeko commented over 1 year

@euglena1215 コメントありがとうございます!

ユーザーにフィードバックをしてもらうためにどのようにインセンティブを設定しているのか教えていただきたいです。

明確なインセンティブは設定していないのですが、お客様の元に持っていくようなものは、このお客様の場合にはこういう機能やツールがあるともっと良いことができるんじゃないか?というところから仮説設計が始まっています。 なので、良いものが出来ている場合は是非試しに使わせてください!という話になりやすいですし、刺さらないものは、いやそういうのはちょっと... という感じになることが多いです。

Like(2)

nabuchi
nabuchi commented over 1 year

サービスを切り出す時に エンドポイント分割 or 内部API の話があったと思うんですが、内部APIを採用した理由をもう少し詳しく聞きたいです。

Like(2)

hachi8833
hachi8833 commented over 1 year

翻訳記事の依頼ってどのようにやっているのか気になってます!

スライドで大枠はご紹介しましたのでこぼれ話を。

  • 打診を繰り返すうちに、英語技術ブログの作者が必ずしもコメント欄をフォローしているとは限らないんだなということを痛感しました。諦めるには惜しい記事は方法を変えてリクエストを繰り返したりすることもありました。
  • 実は打診のメッセージも Dash のキーマクロで流し込んでます。でもいつも同じ文面だとつまらないので、文面はちょくちょく手を加えてます。
  • そういえば初めて翻訳打診をした頃は、それこそGitHubで初めてプルリクするにも似て内心ドキドキしたものでした。

Like(2)

expajp
expajp commented over 1 year

翻訳記事は結構昔のものが多い(=フィードだと見つけづらい?)ですが、どのように見つけていらっしゃるのか教えてください

Like(2)

Y-Fujikawa
Y-Fujikawa commented over 1 year

記事を集める際の主要サイトはどのサイトのことでしょうか?

Like(2)

yhirano55
yhirano55 commented over 1 year

@amatsuda さんに質問です。もしも『Rails3レシピブック 190の技』の続編(Rails 6版)を執筆することになったら、差分として、どういうレシピを追加していきたいですか?

Like(2)

ttanimichi
yhirano55
yhirano55 commented over 1 year

2018年になってから @bogdanvlviv 氏、頑張ってますよね。次に新たなコミッターになりそうな方はいますか?(知らんがなって話ですね、はい)

Like(2)

euglena1215
euglena1215 commented over 1 year

リファクタリングした箇所をどのくらいの粒度でリリースをしているのか教えてもらえるとありがたいです。

Like(2)

ttwo32
ttwo32 commented over 1 year

テストコードを書く文化が無いと、それを受け入れてもらうのも大変なんじゃないかなぁと思っているのですが、 同意してもらうために工夫したこと等もしあれば教えて欲しいです。

Like(2)

yhirano55
yhirano55 commented over 1 year

まったくテストがないアプリケーション場合、どこのテストから書いていくのが良いのか、気になってます。

Like(2)

qsona
qsona commented over 1 year

AMA素晴らしいです。僕もイベント運営者として使いたいのでSaaS化に期待しています。

Like(2)

mtsmfm
mtsmfm commented over 1 year

開発、運用工数は会社の仕組みとして明示的に確保していますか? 個々人のボランティアですか?

Like(2)

chiastolite
chiastolite commented over 1 year

この手のツールのサーバ代とかもサークル費用で運用できたのですか?

(追記)発表内で回答済でした

Like(2)

yuemori
yuemori commented over 1 year

ビルダーイメージとランタイムイメージを分けるとのことですが、Railsの場合どういうところを気をつけられていますか? Railsの場合、どうしてもnative extension用のパッケージなどでサイズが大きくなりがちなのですが、かなり複雑なアプローチをとらざるを得なくてつらくなりがちです (例えばビルダーイメージから必要なファイルだけとってくるとかそういうアプローチもあると思うんですがとてもつらい)

Like(2)

morimorihoge
morimorihoge commented over 1 year

スモールスタートだったり社内システムなんかだとRails Consoleを使いたくなったりすると思うんですが、そういう場合はどうするのがbest practiceなんでしょうか? ※SQLだけだとARのValidationとか通らないので、interactive rubyしたい

fat container的な軽量VM感覚で良ければsshしてrails c という手もありますが、コンテナにsshログインするってのもアレな気がしています。

Like(2)

yuemori
yuemori commented over 1 year

AWS on Kubernetes、ECSやGKEといった選択肢もあったと思うんですがその選択肢をとられた経緯が気になります

Like(2)

qsona
qsona commented over 1 year

事前質問ありがとうございます。参考にさせていただいて本編でも触れさせていただきますが(ほとんどが自然に取り込めそうです)、先に簡単に返答させていただきます。

  • どのような粒度でサービスを分割していますか?(あるいはどのような粒度で分割するのが良いですか?)
    • 一言でいうと、ビジネスとして独立できる単位、なのですが、分割の単位は非常に重要だと思っているので本編でもメインで触れる予定です。
  • 言語やフレームワークが異なる場合、メンテしにくくなりそうですが、そこはどのように対応していますか?
    • いまのところほぼ全てRailsです。これはRails以外を使うインセンティブがそこまで強いケースがいまのところないからです。ただ、いつでも他の言語を使ったサービスを作れるような状態を維持しています。これも関連する話ができそうです。
  • 現在刊行されているマイクロサービスに関する書籍で、これからマイクロサービスに取り組むチームに薦めたい一冊はありますか?
  • サービスとデータストアは1:1になっているのですか?
    • はい、1:1 (もしくは 1:n) で、サービス間での共有はしていません。「いかなる場合でもデータベースを共有しない」は、マイクロサービスをやるときに最も重要なPrincipleだと思っています。過去1度だけですが共有してしまって、今つらい、という話もあるんですが、時間があれば本編で触れたいです。
  • テストはモックすればなんとかなりそうですが、ローカルで立ち上げるの辛そうに見えますがどのように対応していますか(特に非エンジニア職でローカルでの動作環境を作らないと作業ができない場合はしんどそう)
    • これは難しいですよね・・・本当に難しい。前提としては、全サービスを詰め込んだdocker composeを作るみたいなアプローチは厳しい(ローカルで動かすにはメモリが足りなくなる)ので、作業に必要な単位でのdocker composeを用意する、みたいな感じになると思うんですが、今のところそこまで必要性がなくて私はやっていないです。
  • 1リポジトリに複数サービスを同居させて管理しているのでしょうか(repoとサービスが1:1?)
    • 弊社では1:1です。まずデプロイは分離するべきなので、リポジトリの単位もそれに従って分けるのが自然だと思います。1チームが複数のマイクロサービスを管理する場合はくっつけておいたほうが管理しやすいこともあると思いますが、チームとマイクロサービスのマッピングが変わったりすることもあるので逆に面倒そうな気はします。
  • railsはapiモードで利用していますか?
    • apiしか使わないならapiモードでrails newするが、apiモードにこだわるべきでは決してない、というのが私の意見です。似たような話題を触れる予定だったのですが、apiモードを使う/使わない、というテーマでよりrails的な話にできるので、良い視点をいただきました。
  • 多くのサービスでrailsを利用している場合、rails newすることが多いと思うのですが、そのセットアップの手間を省くための工夫として、何か取り組みはされていますか?(テンプレートなど)
    • application templateを作ってようやく使われるようになってます。これも触れる予定でしたが onkさんの Application Templateのススメ という発表の特に後半の話がすごく好きです。

Like(2)

k2tzumi
k2tzumi commented over 1 year

プロジェクト立ち上げの初期でのモデル設計を行う際にどのようなコミュニケーションを取られていますでしょうか? 同じ場所にいないのでホワイトボードに書きなぐって設計を進めるということが出来ないのですが、どうされていますでしょうか? 又、立ち上げ時の共通認識の成熟に配慮されていることとかありますでしょうか?

Like(2)

nobuhikosawai
nobuhikosawai commented over 1 year

ふりがなサービスとかutil的なサービスもあるような気がするのですが、gemじゃなくてmicroservice化されているのは理由がありますか?

Like(2)

This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano