ご利用前に必ずお読みください

このアプリケーションは、7/14(土)に開催される Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extreme の以下の用途で利用します。

  1. Railsコミッターである @kamipoさん に聞く、特別講演『Rails 6 に向けた ActiveRecord の改善』で扱う質問の投稿
  2. 各セッションの質疑応答で扱う質問の投稿(事前投稿可)
  3. 各セッションの終了後の、登壇者へのフィードバックの投稿

投稿は、本イベントの参加を問わず、各自の裁量でご投稿ください。 なお、不適切な内容が確認された場合、運営者によって削除されることがあります。

認証時にメールアドレスやアクセストークンは保存しませんのでご安心ください。

Subject
[特別講演] Rails 6 に向けた ActiveRecord の改善
[Day 3: A-1] より良い採用面接をするために心がけていること
[Day 3: B-1] 曖昧さを受け入れて開発をしていく方法
[Day 3: A-2] Octocatは技術的負債の夢を見るか?
[Day 3: B-2] Rubyだけ! JSを一切使わない無理やりフロントエンド開発TRICK
[Day 3: A-3] pixiv Sketch Live: WebRTC配信サービスの裏側
[Day 3: B-3] Active Record connection adaptersについて私が知っているいくつかの事柄
[Day 3: A-4] Ruby でつくるデータ分析基盤 - Rails アプリケーションにおけるデータ処理の変遷
[Day 3: B-4] RubyKaigi 2018 のデザインをやらせていただきました
[Day 3: A-5] GCPをフル活用したゲームログ収集基盤の構築
[Day 3: B-5] オブジェクト指向設計実践ガイドこれだけは実践しとこうガイド
[Day 3: A-6] エンジニアが作りたいものを本気で作るための起業という選択肢。レビュー支援サービスSiderの着想から現在、未来
[Day 3: B-6] IKUSEI on Rails
[Day 3: A-7] FiNCのサービス開発のすべて
[Day 3: B-7] esmメンバーの関心事〜開発手法と開発環境編
[Day 3: A-8] RailsエンジニアのためのNLP入門
[Day 3: B-8] 技術顧問という働き方
[Day 3: A-9] enzaプラットフォームのアーキテクチャ
[Day 3: B-9] Quipperが実践する、定量データに基づく意思決定と開発
[Day 3: A-10] Elasticsearchで多言語検索対応してみた話
[Day 3: B-10] Rails経験者が万葉の新人研修を受けて得られたこと
[Day 3: A-11] Rails + TypeScript + React + Hypernovaで始めるSSRライフ
[Day 3: B-11] バージョンアップと一緒に走る
[Day 3: A-12] Railsと考えるデータベースのインデックス戦略
[Day 3: B-12] Rails 開発環境としての Windows という選択肢
[Day 3: A-13] リフォーム Rails app
[Day 3: B-13] Railsのissueを毎日読む方法
[Day 3: A-14] 電子カルテとセキュリティガイドラインとAWSと私
[Day 3: B-14] RSpecでBDDをしよう
[Day 3: A-15] SansanでのRuby
[Day 3: B-15] SmartHR の開発現場最新事情 〜マイクロサービス始めました〜
[Day 3: A-16] Vim
[Day 3: B-16] Rails Way の再考
[Day 3: A-17] Wantedlyにおけるプロダクト、技術、組織、7年間の進化
[Day 3: B-17] 悪魔の城のヒアドキュメント
[Day 3: A-18] Attributes API実践
[Day 3: B-18] エンジニアのためのスライドデザイン実践講座
[Day 3: A-19] GraphQL on Rails 2018
[Day 3: B-19] フォームオブジェクトとの向き合い方
[Day 3: A-20] RuboCop Headqurters 2018
[Day 3: B-20] なぜ E2E テストがたまに落ちるのか
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano