[Day 1: B-5] Railsエンジニアのための技術ブログ TechRachoの舞台裏


yhirano55

登壇者: BPS株式会社 森 雅智 氏・八田 昌三 氏

TechRachoは、Webエンジニアのための技術ブログとして毎日更新を行っている「開発会社の」技術ブログです。

本講演では更新が滞りがちな会社の技術ブログをどのようにして事業化したのか、TechRachoに込められた思い、そして日々の更新の裏側をご紹介します。

https://techplay.jp/event/639872


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(3)

Questions and feedbacks (11)

morimorihoge

本日発表をお聞き頂いた方、ありがとうございました。Twitterの #railsdm でも @hachi8833 が既に流していますが、早速本日のスライドをUPしましたので、見逃した方などはぜひどうぞ

https://techracho.bpsinc.jp/morimorihoge/2018_03_24/54328

Like(0)

hachi8833

翻訳記事の依頼ってどのようにやっているのか気になってます!

スライドで大枠はご紹介しましたのでこぼれ話を。

  • 打診を繰り返すうちに、英語技術ブログの作者が必ずしもコメント欄をフォローしているとは限らないんだなということを痛感しました。諦めるには惜しい記事は方法を変えてリクエストを繰り返したりすることもありました。
  • 実は打診のメッセージも Dash のキーマクロで流し込んでます。でもいつも同じ文面だとつまらないので、文面はちょくちょく手を加えてます。
  • そういえば初めて翻訳打診をした頃は、それこそGitHubで初めてプルリクするにも似て内心ドキドキしたものでした。

Like(2)

hachi8833

翻訳記事は結構昔のものが多い(=フィードだと見つけづらい?)ですが、どのように見つけていらっしゃるのか教えてください

社内で(主にmorimorihogeさん)教えてもらった良記事を翻訳することが多いです。英語記事の中で「これはいいぞ」と書いてあったら追いかけることもあります。

まだまだ私の知らない、Rubyist/Rails開発者なら普通知ってる良記事や良書があるはずなので、いつも探しています。これはというものがありましたら @hachi8833などで教えていただけるとうれしいです。

Like(1)

hachi8833

記事を集める際の主要サイトはどのサイトのことでしょうか?

以下は現状主にチェックしているサイトです。この他にdev.tomedium.comなども渉猟しています。

Like(1)

hachi8833

Google 翻訳について 自分も IT 翻訳下いたことがありますが,自分の中で日本語訳が曖昧な単語レベルでの確認作業が軽減されると感じていますが,いかがでしょうか?

Google翻訳が以前より格段に精度が上がったのは間違いないと思います。ときどき、びっくりするぐらい気の利いた訳が出てくることもあります。 かと思うと文の一部が崩壊することもありますが、原文の構成次第という印象です。

でも自分の欲しい日本語にはなってないので、そのまま使うことはないかなと思います。

Like(1)

yiwasakita

Google 翻訳について 自分も IT 翻訳下いたことがありますが,自分の中で日本語訳が曖昧な単語レベルでの確認作業が軽減されると感じていますが,いかがでしょうか?

Like(1)

Y-Fujikawa

記事を集める際の主要サイトはどのサイトのことでしょうか?

Like(2)

expajp
expajp commented over 1 year

翻訳記事は結構昔のものが多い(=フィードだと見つけづらい?)ですが、どのように見つけていらっしゃるのか教えてください

Like(2)

ttwo32
ttwo32 commented over 1 year

Ruby、Railsにも様々な技術要素、トピックがあると思いますが、 翻訳する記事の選定基準などあったりするのでしょうか?

Like(1)

yhirano55

翻訳記事の依頼ってどのようにやっているのか気になってます!

Like(1)

morimorihoge

発表者です。質問時間多少残せる見込みですので気軽にご質問下さい

Like(1)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano