[Day 1: A-4] Talentio をなんとかしようと頑張ってきた18ヶ月の旅路


yhirano55
yhirano55 commented 6 months

登壇者: 株式会社タレンティオ 小川 伸一郎

talentio.com は 2016年のサービスリリースから3年あまりが経ち、アーキテクチャも古く、メンテナンスされていないコードがあるなど、開発や運用の生産性を低下させかねない状況になっていました。

そんな状況の中で、悪戦苦闘しながら近代化してきた旅路をお話します。


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(0)

Questions and feedbacks (7)

rust
rust commented 6 months

DBを新規作成しないでのRails移行は辛くなかったですか?

既存データベースを読みに行くと言うのはやったことがあるので、そこまで辛くはなかったです。

段階的移行で一番大変だったことは何ですか?

100%の確信が持てないことですね。動かなかったときにどう戻すかなどを考えながらやらないといけないところが、一番大変です。

どうやって作り直しのスケジュールをビジネスの人と合意したのですか?特に「無理をしない」の部分が気になります。

移行することによる利点と欠点をちゃんと説明した上で、「事業を推進するための機能開発」と「移行のためのコスト」をどれぐらいの比率にするかの話し合いをちゃんとやりました。

無理をしないというのは端的に言うと、「スケジュールを無理矢理詰め込むことをしない」ということです。「移行もするので時間がかかります」と言うコンセンサスを取った上で、なるべく省コストに移行できる方法を取るという感じですね。

Like(0)

ppworks
ppworks commented 6 months

移行する際に元のシステムにテストコードはありましたでしょうか?

また過去の経緯を知る人がいない中で移行後のテストコードは用意できましたか?

Like(1)

tadd
tadd commented 6 months

既存のPHPコードには、一切手を加えない方針だったのでしょうか。もしそうだとすると、それは何故ですか?

Like(0)

tsuka
tsuka commented 6 months

DBを新規作成しないでのRails移行は辛くなかったですか?

Like(0)

tsuka
tsuka commented 6 months

段階的移行で一番大変だったことは何ですか?

Like(0)

ledsun
ledsun commented 6 months

どうやって作り直しのスケジュールをビジネスの人と合意したのですか?特に「無理をしない」の部分が気になります。

Like(0)

expajp
expajp commented 6 months

Kibela導入の理由として、「Wikiだけじゃない何かが欲しかった」とありましたが、 欲しかった「なにか」とは何でしょうか? そして、それはKibelaのどの機能を使って対応しましたか?

Like(2)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano