[Day 1: C-10] Ruby のコード解析の「静」と「動」


yhirano55
yhirano55 commented 4 months

登壇者: 玉寄 修一

Ruby には RubyVM::AbstractSyntaxTree、TracePoint といったコードを解析するための機能が備えられており、また、コードを解析するための gem が多く存在しています。これらのコード解析は大きく分けて「静的」「動的」の 2つに分けられます。

本セッションではこの 2つの解析手法の違いと、それぞれどのような情報が得られ開発に役立てることが出来るのかについて紹介しようと思います。


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(0)

Questions and feedbacks (0)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano