[Day 2: A-11] 全体がいい感じになるために、私たちRailsをホームにするWeb技術者ができること


yhirano55
yhirano55 commented 4 months

登壇者: 株式会社エス・エム・エス 諸橋 恭介

このごろのサービスでは、サーバサイドWeb技術だけで完結することは少なくなってきました。

しかし、それはサーバサイドWebが不要になり、Railsのようなフレームワークが使われなくなることを意味しません。

スモールスタートのためのWebアプリとして、スマホアプリやSPAといったクライアント群へのAPIとして、行動を分析し提案するコンテンツを届けるインターフェースとして、運営スタッフが使う業務アプリとして、などなどRailsを始めとしたWebアプリフレームワークの活躍の機会はたくさんあります。

このように、このごろのWebアプリは、いろんな背景や職能を持った人たちの日々の仕事が交わる場となっていると、話者は感じています。

このセッションでは、いちWeb技術者として、多くの人が住まう場に対して提供したい価値について、できていることとできるようになりたいことを話したいと思います。


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(0)

Questions and feedbacks (11)

moro
moro commented 4 months

住まう人がフレームワークを作ってしまっている場合も多々あると思います。 こんなとき、「いい感じにする」ためにどんなことをしていますか? また、気をつけていることはありますか?

ありますね。 そこは、フレームワークにするか、制御の方向を手放すかについて、一緒に相談するかなあとおもいます。 「フレームワークになってるための不自由さ」は、エンジニアはよく知ってると思うので、同じようなことが業務にも起こるかも? っていうところを共有した上で、じゃあどこのコントロールを手放せるかを一緒に設計すると思います。

Like(0)

moro
moro commented 4 months

@anonymous

専門家がそんなに知識が堪能ではなかったみたいなケースによく出会うんですが、そういうところを調整するのも「合流する場」の人が調整する責務があると思いますか?

その場でも回答しましたが、義務/duty としての「調整する責務」というと強すぎるかなあと思います。損した気持ちになりますよね。

いっぽうで、「完璧な専門家がいて上手に回る」みたいな状況はなかなかないので、ある種の不足のある者同士のチームとして、その人達とみんなでうまくやる方法を考えるといいんじゃないかなあと思います。

Like(0)

moro
moro commented 4 months

@yuriko1211

「全体をいい感じにする」志向に目覚めたきっかけはありますか?

受託からサービス企業で働き出したときに、運営をしている人たちの業務知識がスゴイなーと思って、いっぽう管理画面がなかなか改修できずに(技術的だったり、優先度が上がらなかったり)で苦労している様子を見た影響は大きいです。

彼ら彼女らの業務知識と課題間をうまくサービスに反映できるといいのにねって思ったのでした。

Like(0)

moro
moro commented 4 months

@colorbox

これまでの経験の中で管理画面で要求されたCRUD以外の機能にはどういったものが多かったですか?

そうですね。承認フローとか権限管理とか、あるいは行動や操作の履歴ですね。 こういったのを、たとえばActiveRecordコールバックで実現した上でCRUDに落とし込む、という作戦もありますが、それが立て込んでくるとだんだん辛くなるなあ。と。

なので、はじめから運営業務として設計すると結果として楽なことが多いと感じています。

Like(1)

moro
moro commented 4 months

@neko314

そうですね。バイネームだと上げきれないのですが、 XP を読んで、いいなあと思う方とは志向が合うことが多いと思います。

たとえば書籍2段落目が

XP とは、自分たちのできることをオープンにして、それを実行に移すことだ。そ して、そのことを他の人にも認めたり、期待したりすることだ。「自分は頭がいいん だから、ひとりで上を目指せばいい」などという未熟な思い込みを克服することだ。 もっと広い世界で成熟した場所を見つけることだ。ビジネスや仕事も含めたコミュ ニティーのなかで、自分の居場所を見つけることだ。自己超越のプロセスのことだ。 そのプロセスのなかで、開発者として最善を尽くすことだ。ビジネスのためになる 優れたコードを書くことだ。

こんな感じなので、その志向が合う人とは音楽性が合うことが多いです。

Like(2)

urimaro
urimaro commented 4 months

フレームワークを作らない
決定権を住まう人自身に委ねる

上記のようにおっしゃっていましたが、住まう人がフレームワークを作ってしまっている場合も多々あると思います。 こんなとき、「いい感じにする」ためにどんなことをしていますか? また、気をつけていることはありますか?

Like(0)

anonymous
anonymous commented 4 months

専門家がそんなに知識が堪能ではなかったみたいなケースによく出会うんですが、そういうところを調整するのも「合流する場」の人が調整する責務があると思いますか?

Like(1)

yuriko1211
yuriko1211 commented 4 months

「全体をいい感じにする」志向に目覚めたきっかけはありますか?

Like(0)

colorbox
colorbox commented 4 months

管理画面でCRUDでは足りない、というお話がありましたが、それに関しての質問です。

これまでの経験の中で管理画面で要求されたCRUD以外の機能にはどういったものが多かったですか?

Like(0)

neko314
neko314 commented 4 months

これまでに「全体をいい感じにする開発者だなあ」って思った方はいますか?具体的に他の志向の方とどのような点が異なっていたり秀でたりしていましたか?

Like(0)

ujihisa
ujihisa commented 4 months

Q.

何が「良い感じ」なのか自明でないとき、いろんな模索方法があると思います。このとき、自分で考えても、関係者みんなに相談しても、誰も何もわからないときはどのようにしますか?

moroさんの回答

  • わからないけど進んでみる。手を動かしてみる。1歩すすんで0.5歩戻ってこっちに進む、みたいな。みんなで学習。
  • やりつつコードベースめちゃくちゃにつないために技術力を使う。

Like(2)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano