[Day 2: B-12] 入門 名前


yhirano55
yhirano55 commented 6 months

登壇者: 株式会社マチマチ 藤村 大介

プログラミングには必須のツールである名前。毎日使っているわりに、実はその仕組みがよくわからないツールです。また、命名の良し悪しは話題になるわりに、その基準として常識に訴える以上の理論だった説明が与えられることは稀です。

現代の哲学をヒントに、改めて名前とその周辺について整理します。


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(0)

Questions and feedbacks (4)

nashirox
nashirox commented 6 months

ウィトゲンシュタインの名前が出た時点で絶望的な気持になりました

Like(0)

yono
yono commented 6 months

「挙動」と「振る舞い」の違いについてもう少し詳しく教えてください

Like(0)

mpg-izumi-hirayama

お話を伺いながら、名前の「良さ」の定義について「変数の名前」「クラスの名前」「メソッドの名前」で微妙に異なったりするのかなと思ったんですが、 藤村さんの中でこれらのレイヤーごとの命名について違う点はあるとお考えですか? あれば、どう違うとお考えか教えていただけるとうれしいです。

Like(1)

okuramasafumi

プログラミングの概念でスタックというのがあり、それの操作として"Pop"というものがあると思います。 この名前は、スタックを「縦方向に積まれた何か」として脳内イメージできない限り「悪い名前」になってしまうと思います(ポップの原義は「飛び出る」ぐらいの意味であるため)。このような、現実世界や各人の脳内イメージに根差した名前の用法についてはどう考えていますか?

Like(0)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano