[Day 2: C-17] Ruby on Railsの正体と向き合い方


yhirano55
yhirano55 commented 4 months

登壇者: ピクスタ株式会社 後藤 優一

過去のRails Developers Meetupでは、”Rails Way”の内側あるいは外側でどのようにコードを整理するかについての話がいくつかありましたが、そもそもなぜこのような工夫が必要になるのかについて述べたものはありませんでした。

本発表は、DHH氏の過去のインタビューや著作での発言を取り上げながら、この問に対して答えようとするものです。まず最初に、彼が解決したかった問題と、そのために取ったアプローチを明らかにします。次に、このアプローチが機能しなくなるような状況を示します。最後に、その対処方法について私の考えを話します。


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(2)

Questions and feedbacks (0)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano