[Day 2: B-5] チーム開発積み重ね 〜Railsの上にも9年〜


yhirano55

登壇者: 株式会社万葉 櫻井 達生 氏 @tatsuosakurai

チームはどこかの誰かが作ってくれるものではありません。チームにいるメンバーが1人1人動くことによって作られていくものです。

メンバーが動きやすいきっかけ作りが大切だと考えています。

Railsを使って、チームで開発をするようになって9年。さまざまなチームで積み重ねた知見を共有します。

開発をたのしくするきっかけになれたらうれしいです:)

https://techplay.jp/event/655769


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(1)

Questions and feedbacks (2)

tatsuosakurai

コメントありがとうございます! 各領域1人ずつでコードレビューができない、という状態をちゃんと理解できてないので複数回答させてください〜

  1. エンジニアが1人なので、コードレビューしてもらうにはどうしたらいいか、ということですかね? もしそうであれば、誰かにできる人にレビュアとして入ってもらうことが多いです(万葉だと社内のメンバーに入ってもらうんですが、他社のスタートアップなどの話を聞くと、知人や技術顧問などにしてもらっていますね) できれば、アプリエンジニアとサーバーサイドエンジニア間でもできるといいなと思いますが、やる気があったとしても、距離が大きくてなかなか難しいことが多いですかねえ(人にもよるので難しいんですが、結局双方絡むことになるので、全部でなくてもいいですが、ある程度見れるようになっていくといいなあと思います。)

  2. 各領域ごとの作業をレビューしあいたいみたいなことですかね? もしそうであれば、esaなどの情報共有ツールを使って、アイデアや仕様を相談・確認したりします。 随時、相談・確認しながらやりますが、遅くてもイテレーションMTGなどでキャッチアップして、なるべく知識を集めて、熱いうちに鍛えるみたいなイメージです。動くものの場合は、GitHubのPRなどに動画gifなどを添付して、コード以外でわかるようにしたり、動作確認方法などを描いて、動作のレビューができるようにしています。

  3. その他 異なる領域が含まれるチームで作業するときは、それぞれの作業がバラバラになりがちなので、まとめる役をやることが多いですね。(ディレクターがいる場合はディレクターの仕事だとは思いますが)

というので答えになってますでしょうか(?_?)

Like(1)

naoki85
naoki85 commented over 1 year

Rails エンジニアのチームのお話であった印象ですが、
例えば異なる領域が含まれるチーム(アプリ、サーバー、デザイナー、ディレクターなど)の場合、何か意識されていたようなことはあるでしょうか?
各領域1人ずつとかですと、コードレビューの機会がなかなか持てず、何かご経験等あれば。。

Like(0)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano