[Day 2: ランチ付セッションA] テストがないRails アプリをリファクタした話


yhirano55

登壇者: 株式会社スタディスト 坂野 元紀 氏, エルドーシュ・バーリント 氏, 北野 勝久 氏

アンチパターンのオンパレード、テストコード1行もなし、のべ4.5万行のレガシーRailsアプリ。

そんなアプリの、Railsバージョンアッププロジェクトが発足。炎上覚悟のこのプロジェクトを支えたのが「リファクタリング」でした。

テストコードを書きながらリファクタリングし、半年で約1.5万行を削り、Railsバージョンアップも成功させた弊社のリファクタ話、ランチのお供に聞いてみませんか?

https://techplay.jp/event/655769


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(0)

Questions and feedbacks (5)

takuan-oishii

リファクタリングと機能追加・仕様変更は並走して実施できましたか? できたとしたらそれを実現した工夫を知りたいです.

Like(3)

euglena1215

リファクタリングした箇所をどのくらいの粒度でリリースをしているのか教えてもらえるとありがたいです。

Like(2)

mtsmfm
mtsmfm commented over 1 year

コード品質向上はビジネスを考える人からすると、必要性、その価値を伝えるのが難しいと思いますが、どのような説明をして工数、予算を確保したか、また、その成果は何を共有しているかを教えてもらえれば幸いです

Like(4)

ttwo32
ttwo32 commented over 1 year

テストコードを書く文化が無いと、それを受け入れてもらうのも大変なんじゃないかなぁと思っているのですが、 同意してもらうために工夫したこと等もしあれば教えて欲しいです。

Like(2)

yhirano55

まったくテストがないアプリケーション場合、どこのテストから書いていくのが良いのか、気になってます。

Like(2)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano