[Day 1: B-3] ノンデザイナーのためのコンセプト & ロゴ作り実践講座 feat. savanna.io


yhirano55

登壇者: esa LLC 赤塚 妙子 氏 @taea

自分のWebサービスのプロダクトを作った時などに、デザインのオペレーションスキルがなくても良いプロダクトに導くためのはじめの一歩について解説したいと思います。

ひとつは、具体的なデザインや機能実装の前に確立させたいコンセプト(プロダクトの世の中における存在価値の定義)の作り方について解説します。

もう1つは、プロダクトのシンボルとなる、ロゴの作り方です。ここではクラウドソーシングのコンペを開いて作る方法、その時のよりよいディレクション方法などを解説します。

https://techplay.jp/event/639872


  • このセッションに関する質問を募集中です
  • 事前に聞きたいことがあれば、何でも書き込んでください。
  • 質問への回答はお約束できません。あらかじめご了承ください

Like(3)

Questions and feedbacks (6)

taea
taea commented over 1 year

みなさん、ありがとうございました! 個人的にはちょっと最後まで着地点を迷ってしまい消化不良の発表になってしまったなあとクヨクヨしてたのですが、参考になったとのお言葉をいただけて救いになりました。 もう少しわかりやすくブラッシュアップしたものを、今週中くらいを目処に、多分、きっと、補足として書きたいと思っております。 よろしくおねがいします!

最後に、Railsdm楽しすぎて、本当に最高のイベントでした。登壇させていただいてとても光栄に思っております。 ありがとうございました!

Like(2)

taea
taea commented over 1 year

みなさんコメントありがとうございます!! 回答させていただきます(大変お待たせしましたmm

@SyoheiYamaki

発表して頂いた内容とは少しずれてしまうのですが、スライド中に挿入されていた手書きの画像?は何を用いて作成されているのでしょうか?

とてもアナログな方法でアレなのですが…、紙に筆ペンで描いてiPhoneで撮影して、Photoshopで加工(グレースケール化 → トーンカーブで背景を白に飛ばす → 乗算にして背景色と合成)みたいな感じにして作ってます。

@morimorihoge

ロゴ作りの時に「こういう要素・条件は最初に出しておいた方が良い」というものがあれば知りたいです。 # 例えば、スライドにもあったTシャツなどにも使うなら前からこういう条件を付けておいた方が良い、など

ああ、そうですね、必要ですね。 もう少しまとめて、改めて別エントリに補足を書こうと思いますが、 デザイナーさんに読まれるかどうかは別として、基本的に現時点で考えていること、見えていることは全部書いておいた方がいいと思います

  • ロゴに必要な要素(文字等)
  • サービスコンセプト
  • サービスの概要
  • 使いたい用途
  • 雰囲気を表すキーワード
  • ラフスケッチの画像
  • 参考事例の画像

ただ、savanna の例ですと、"business", とか "project" とか書いてあるせいで、ネクタイをしたトラのデザイン案なども結構来たので、そのへんの細かいニュアンスの誤解の調整を、個別のフィードバックで「ネクタイ取ったほうがいいです」みたいにして調整する感じになります。

@ttwo32

コンセプトを決める上で、これって価値観へのカウンターになるんだろうか?とか迷ったりすることはありますか? もしあればそんな時はどうしているか、または工夫していることなんかあれば、参考までに教えていただきたいです。

おお、なるほど!自分はあまりその迷いは経験がないなあと思いました。 なぜかというと、自分の作りたいものは何のカウンターになるのか?みたいなのを結構最初の方に考えているからだと思いました。 そうやって説明すればよかったんだなとこれ読んで思いましたmm ちょっと時間を下さい。スライドの説明を、もうちょっとうまく書き直してみたいと思います!

@takahashim

まつもとさんによる「楽しいプログラミング」について言及しているものとしては、1999年のJUSのworkshopの資料とかにもあるので、かなり初期からのRubyのコンセプト(この資料では「Rubyの信条」と言ってます)だったのでした。 https://www.jus.or.jp/workshop/ruby/ruby-report/ws1.pdf

ありがとうございます!!こんなに明快に説明されている資料があったのですね…勉強不足で申し訳ありません! これを参考に少しブラッシュアップしたいと思います。 「楽しいプログラミング」自体は間違ってなくてよかったです!

Like(2)

SyoheiYamaki

発表して頂いた内容とは少しずれてしまうのですが、スライド中に挿入されていた手書きの画像?は何を用いて作成されているのでしょうか?

Like(0)

morimorihoge

ロゴ作りの時に「こういう要素・条件は最初に出しておいた方が良い」というものがあれば知りたいです。 # 例えば、スライドにもあったTシャツなどにも使うなら前からこういう条件を付けておいた方が良い、など

Like(0)

ttwo32
ttwo32 commented over 1 year

コンセプトを決める上で、これって価値観へのカウンターになるんだろうか?とか迷ったりすることはありますか? もしあればそんな時はどうしているか、または工夫していることなんかあれば、参考までに教えていただきたいです。

Like(0)

takahashim

まつもとさんによる「楽しいプログラミング」について言及しているものとしては、1999年のJUSのworkshopの資料とかにもあるので、かなり初期からのRubyのコンセプト(この資料では「Rubyの信条」と言ってます)だったのでした。 https://www.jus.or.jp/workshop/ruby/ruby-report/ws1.pdf

Like(5)

Create Comment

Please sign in to comment.

Sign in with GitHub
This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano