GitHub sumyapp
Comment2
Like
Created atJuly 14, 2018 17:19
Updated atJuly 14, 2018 17:19

Questions and feedbacks (2)

sumyapp
sumyapp commented about 1 year

スライドをアップロードしました。再度ご覧になられたい方や見られなかった方はこちらを見ていただいて、もし質問がありましたらぜひご質問ください! https://www.slideshare.net/SumiKoichiro/sider-rails-developers-meetup-day-3-extream

Like(0)

sumyapp
sumyapp commented about 1 year

機能がウケないと思ったら、すぐにその機能を廃止しているのが印象的なのですが、何か意識されていることなどありますでしょうか?

私達があると思っていた顧客の課題が、実は存在しなかった、大した課題ではなかった、というのが明らかになったため廃止した、というのが理由です。何らかの課題を解決するためのサービス・機能を作っているので、ヒアリングや、実際この機能に対して追加のお金を払うべき理由があるか、払ってくれるか、みたいなことを聞くと明らかになりやすいかなと考えています。

何度かメンバーの離脱がありましたが、その時の要因や反省点はありますか?差し支えなければ聞いてみたいです。

プロダクトが必要としている技術と、メンバーの持っている技術のマッチはやはり不可欠だと思います。以前はチーム有りきで製品を作っていましたが、そうではなくて、作りたいものありきで、チームを作っていく必要があると考えるようになりました。

試行錯誤している時のお金・・・生活費なども含めて、どうしていたのでしょうか・・・?

個人としてはiOSアプリの収入で、会社としては、試行錯誤をしている、今のプロダクトに注力していない時代は、受託開発やコンサルなどによって売上を立てていました。

競合として意識してる他社のサービスはありますか?また、どう対策していますか?

CodeClimateやCodacyなどいくつかのサービスが競合としてあります。ただ、各社方針が異なっています。「コードレビュー」に親しい領域なのですが、使うソリューション(AI?静的解析器の自社開発?マネージャー向けのVelocity計測?人力レビュー?)が異なっているため、最終的には実はすべてのサービスを使うのが幸せな未来になる可能性もあるのでは、と考えています。

みなさんご質問ありがとうございます! @mokuo @treby @strviola

Like(2)

This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano