GitHub 284km
Comment5
Like
Created atFebruary 20, 2018 12:12
Updated atFebruary 20, 2018 12:45

Questions and feedbacks (5)

284km
284km commented over 1 year

Rails のデバッグはどのようにやっていますか? (print debug とか、binding.pry で止めてとか) おすすめの技があったら教えてほしいです!

Like(15)

284km
284km commented over 1 year

Ruby のここがこう変わると、Rails の開発が捗る。というような視点で考えていることがあったら教えてください。

Like(3)

284km
284km commented about 1 year

MySQL のみならず、他 DB の adapter にも多くのパッチを送られている kamipo さんに質問です。 adapter による機能や実装の違いがあると思いますが、統一したい部分や、この adapter のこれをこっちにも取り入れたい。などの観点で考えていることなどありますでしょうか?

Like(2)

284km
284km commented about 1 year

Active Record と MySQL 両方を熟知する kamipo さんに質問です。 Rails (Active Record) と MySQL 、kamipo さんの興味の対象としてより強いのはどちらか、選ぶことはできるものでしょうか?

Like(2)

284km
284km commented 4 months

質問ありがとうございます。

  1. Data Abstraction Layer を用意したことにより、サポートしているデータ構造 (現在のところ Daru::DataFrame, Numo::NArray, NMatrix, ActiveRecord) であればどれでも同じように扱えること。

  2. Plotting Abstraction Layer を用意したことにより、サポートしている plotting library (現在のところ maplotlib, gruff, rubyplot) であればどれで統一されたひとつのインターフェースで扱えること。

  3. 1, 2 により、ユーザが使いたいデータ構造、Plotting library の組み合わせで自由に plot できること。

  4. Charty の用意している設定により、render メソッドを呼ぶだけで、"そこそこ良い感じ" の設定でグラフを描画できること (それぞれの plotting library で、きれいなレイアウトでグラフを出力したいとすると、細かなオプション指定を自分でする必要が生じます。その手間を省き、data plot のために時間を使うよりも、本来目的とするデータ解析に集中することができる状態になること) が、Charty を使うメリットです。 なので、手間をかけて詳細に plotting library のオプションを設定してでも、自分好みのきれいなグラフを出力したい。といった用途では、Charty を使わずに、直接自分の使いたい plotting library を使わなければ、やりたいことを表現できないことがあります。

この様な特徴を理解して Charty を使うとよいと思います。 また上記とは別に、 Charty がより多くのケースで便利に使える様に、引き続き改善を続けていきます。

Like(1)

This software is available as open source under the terms of the MIT License.
Copyright © 2018 Yoshiyuki Hirano